記事一覧

6・4ハンドレス製作秘話

 ついにシャドウバースでも独創的なデッキを作ることができました!ひゃっほぅー!!今回はその製作秘話を書いていこうと思います!

 まだ動画を観ていない方はこちらから
6・4ハンドレス

ハースストーンに逃げていた日々
 
 第1段のカードセットでは冥府エルフが環境を支配してしまい、多くのプレイヤーがオリジナルデッキで戦うことを諦めてしまったことと思います。私も冥府エルフ以上のインパクトを与えるデッキを作るのは第1段のカードのみではもう無理だろうと諦めてしまった一人でした。ランクマッチに赴けばあたるのは冥府エルフかアグロロイヤルかアグロネクロ。そしてサタン、サタン、サタン。こんな環境にいやけがさしてハースストーンで遊んでいました。

勇敢なる射手との出会い

 そこでふと使いたいと思ったカードが勇敢なる射手でした。このカードは「手札がゼロの時にヒーローパワーを使うと対戦相手に2点のダメージを与える」という能力を持ったカードです。0コスのウィスプを入れたりして素早く手札を空にしてなんとか勇敢なる射手の能力を起動しようと頑張ったのですが、全く勝てず。ハンドレスってやっぱり難しいなぁ、他にハンドレスに向いたカードって何かないかなぁとカードリストを眺めていました。

 そんなこんなでハースストーンでハンドレスというデッキタイプを研究していたのですが、ある時ふとこんなことが頭をよぎります。「あれ、もしかしてシャドウバースでハンドレスやったら強いんじゃね?確か黄金竜の棲家って手札ゼロにするとアドバンテージ取れるんだよなぁ。」と。

シャドウバースのやる気復活

 そこで早速シャドウバースを起動。最初に作ってみたプロトタイプはこんな感じ。
神龍×3
アイボリードラゴン×3
灼熱の嵐×3
天翼を食う者×2(3枚持っていなかった)
黄金竜の棲家×1(スカラー3枚あればこちらは1枚で良いと思っていた。)

 こうして出来上がったハンドレスドラゴン(当時はこういうデッキ名にしていました。)の強さはというと、「微妙」。なかなか手札が0枚にならないし、手札0で黄金竜の棲家を起動してもアドバンテージは取れるけども、だからといって強いとは感じない。そんな印象。終盤手札が2枚以上あってもPPの関係で神龍を出して終わり。黄金竜を毎ターン起動することができない状態で、たいして使えないカードだなと評価していました。

偶然の発見

 しかし、対戦でハンドレスドラゴンを使っていると、ある時黄金竜が出ている状態でこんな手札になりました。ドラゴンガードとリヴァイアサン。10PPでこの2枚を出した時の圧倒的制圧力!これだ!!!

 直ぐに神龍、アイボリードラゴンを全抜き。7コスと1コスをなくす。そしてデスドラゴン、アテナ、フォルテを投入。黄金竜の強さを理解して3枚投入。スカラー3枚、黄金竜3枚の6枚体制に。これで対戦をしてみると、面白いようにできる10コス連打。勝てる!回る!64構造に確信を持ち3枚目の天翼を食う者を作成。疾走で素早く勝つことを目指すようなデッキではないのでフォルテを減らして天翼を3枚に。

 という感じで微調整しつつ最終的に動画の内容に落ち着きましたが、まだまだ改良の余地がたくさんあると思います!

動画投稿後の改良アイデア

 GameAI様に記事にしていただけたりと、お陰様で色々な方に観ていただき、またアドバイスをたくさんいただくことができました。いただいた情報をここで共有したいと思います。

1)騎竜兵
 6コスの騎竜兵はなぜ不採用なのですか?と多くの方からコメントをいただきました。これは単純に私の考えが及ばなかっただけになります。採用は十分ありだと思います。騎竜兵を採用することで10コス時に6・6、8コス時に6・4という形で展開することができるようになると教えていただきました。

2)ウルズ
 4コスのウルズについても同様にたくさんのコメントをいただきました。私が却下していた理由は、「ハンドレスというウルズの召喚タイミングを選べない状況では効果が薄いから」です。しかし、今はその考え方は適切ではなかったと考えています。フォルテ3枚をいれた場合に限りウルズの投入はありだと思います。ウルズを入れることでライラウルズからPPをブーストすることができるのが強いと思います。ライラとフォルテの両方に対してシナジーを生み出せる構成であればウルズはありだと思います。

3)ブレイジングブレス
 「アグロロイヤル等の速攻デッキがきついです。」という意見も多くもらいました。現環境でアグロロイヤルがきついのはなにも64ハンドレスに限ったことではないので、これは後攻2枚ドローにルール変更した後で検討すれば良いかなと思います。公式が先行が強いことを認めている事実、ルール変更が直近に控えている事実からアグロロイヤルに勝つのが難しいのは当たり前と言えば当たり前です。1コスでブレイジングブレスを採用するのはどうかという意見がありますが、私的には64構造を重視した方がデッキパワーは高いと考えています。ルール変更後にもアグロロイヤルが環境を支配して、64ハンドレスで勝てないようであれば投入を検討します。

4)竜化の塔
 これの1枚挿しが終盤のファイアーリザードとライラの切なさを解消するのに役に立つのでないかと考えています。場のスペースを黄金竜と竜化の塔で2つ消費してしまうことになりますが試してみる価値はありそうです。

5)アテナ
 カードゲームというのは相手の意表をつくことが一つの勝ちに繋がる要素であり、また楽しみであると思っています。相手の想定外の展開をすることで状況を有利にしていくことができます。また1枚見せることで2枚目があるかもしれないと相手に余計なケアをさせることができます。そういった考え方でアテナ1枚、フォルテ1枚という採用の仕方をしています。

6)変化する魔術師
 アグロに耐性ができ、且つ覚醒後は巨大フォロワーとしてプレッシャーをかけられる。竜化の塔と一緒に採用することで後半サイズが小さくて腐る可能性を減らしていける。守護も豊富に入っているので変身できる確率も高く採用の価値あり。

最後に

 今後のルール変更やカード追加によってシャドウバースはどんどん面白くなっていきそうですね!今からワクワクしています!冥府エルフの衰退、アグロロイヤルの衰退後に64ハンドレスが輝けるように改良をしていけたらと思いますのでみんなでアイデアを出し合って仕上げていきましょう!

スポンサードリンク

Comments

No title

この64ハンドレスデッキは完全に自滅だな、棲家引けてないなら確実に負け、いや、運転できるの前提はPP+2以上、そしてそのあと10ターン内で棲家を引けること、が、実戦中は普通に高い確率で16ターン以降のとき来る、しかも2枚引いたときは共存できない
(30回試したけど、作動できるのは4回くらい)

このデッキ楽しそうなので試してみましたが、天翼を喰う者がすぐ除去されてしまいます。(ファフニール等の大型フォロワーが流行っているからかもしれません)
ハンドレス状態になってもまだ強いというコンセプトですが、やはりハンドがある方が強いと感じます。
なので天翼はまだやはりデメリットの方が高いバランスなのでは?と思いました。

ハンドレスの状態になりやすくアグロに強い低コスで固めた竜化の塔
今流行りのフォルテウルズ+サタン+騎竜ファフmix
運命+冥府

どれも棲家や10コス関係、ハンドレス関係に共通部分があると思ったので、新しい可能性は感じました。

Post a comment

Private comment

スポンサードリンク

プロフィール

しあわせよっしー

Author:しあわせよっしー
黒騎士と白の魔王にどハマり中!

Follow Me

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
RPG
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問ありがとう